• 心のお話,  心のこと

    年末はできたことを数える

    ブログに更新はかなりお久しぶりです。
    気づいたらもう年の瀬!今年もあと数日ですね。
    私は年賀状の準備が全然できてないので焦っています;



    今年の最後に2つのYou Tubeライブ配信で振り返りをして「自分を褒める」というお話をしました。
    アーカイブでもご覧になれますのでお時間がある方ぜひ♪


    「にじいろ茶話室」


    「カウンセラーと話そう」

    普段は毎日の生活に追われていることが多いのではないでしょうか?仕事のこと、お家のこと、家族のこと、、、「やるべきこと」に目がいきがちです。もちろん、それがいけないことと言う訳ではありません。
    ただ「やるべきこと」に目を向けていると「自分を褒める」ことが難しくなってきます。
    「当たり前のことだから褒めるようなことではない」
    「私だけががんばってるわけじゃない」
    そんな風に考えてると、自分を褒めることはとってもハードルが高いです。
    だからこそ、年末は今年を振り返って、できなかったことではなくて「できたこと」を数えてみませんか?ただ実際に「できたこと」を数えるんです。特に褒める必要はありません。
    ポイントは「完璧にできた」とかではなく「事実」というところ。

    「今年の仕事が終わった」
    「健康に過ごせた」
    「目標の1つが達成できた」
    「掃除をした」
    「元気に過ごせた」
    「○○まで、できた」

    今年のことでも、今日のことでもなんでもOKです。
    できなかったこと、ではなく、できたことを数えること。
    「でも」は禁止ですよ。
    100%できる必要はありません。
    完璧である必要はありません。

    いくつか数えたら、誰かと比べたり、内容を批評したりしないで
    「できた」をしっかり自分で理解して「できたなぁ」と感じてみてください。

    今年もありがとうございました。
    みなさま、良いお年をお迎えください。

  • 心のお話,  心のこと,  私について

    「褒められた時」どう反応していますか?

    お久しぶりです。みなさんいかがお過ごしでしょうか?
    ご無沙汰しております。気づいたらもう秋です!
    二度目の金木犀も終わりそうです。

    今日は心のお話をしたいと思います。

    みなさんは「褒められた時」どうしていますか?
    もしかすると、褒められてもなかなか「そうだよね!」とは受け入れることは難しいと感じていませんか?
    私自身がそうだったのでよく理解できます。

    「褒められた時」あなたの心はどう反応していますか?

    「いやいや私なんて」

    「お世辞だよね〜」

    「褒めてくれるけどホントはどう思ってるのかな?」

    もし、心がこんな反応をしていたら、せっかく褒め言葉をもらっても、実は受け取れてません。

    心の事を学ぶ前の私はそうでした。
    照れくさいとか、謙遜とかではなく本当に受け取れなかったんです。
    褒められて嬉しいのは嬉しいですけど、それよりも先に気を使わせてしまったな〜という奇妙な罪悪感もありました。

    では、最近の私はどうなったでしょうか?

    今はすんなり受け取れます。
    本当に「うれしい!ありがとう!」とそのまま素直に喜びます。

    私たちの心は、実は慣れないものは受け取ることが苦手なんです。

    私は子どもの頃は「●●ができたら」とか「●●だから」と何にでも条件がついた言葉ばかりで、あまり褒められた記憶はありません。
    だから褒められるのはとても苦手。

    それに「褒められて調子に乗ったら努力しなくなりそう、だからそのまま受け取らない」と思っていました。

    でもね、私たちの心には栄養が必要です。
    心にとっての栄養は、褒められることや受け入れてもらえること、愛情表現などです。
    でも残念なことに、自分で受け取らないと心の栄養にはならないんです。

    謙遜せずに、そのまま受け取りたい!
    もしそう思ったら、心の中を覗いてみてください。

    褒められたとき、私は何を考え、何を感じているのか?
    どうして「受け取らない」と決めているのか?
    もし受け取ったらどうなるのか?

    自分で自分の気持や想いを十分に理解することで、私たちの心は満たされることがあります。
    まずは気づくことからです。

    それでは、おやすみなさい。

  • デザイン制作実績,  バナー

    レインボーノッツ合同会社さま、バナーデザイン

    レインボーノッツ合同会社さまのセミナー告知用のバナーデザイン紹介です。

    久しぶりに実績紹介です。

    LGBT研修・コンサルで、人と人、人と組織、あるいは組織と組織をつなぎ、諸課題の解決や改善に貢献するレインボーノッツ合同会社さまのオンラインセミナー告知用のデザイン。


    告知バナーデザイン1

    1つ目は、企業の相談窓口担当者向けのセミナーということで「ターゲット」が一番目につきやすくしました。「日時」は分かりやすく「講師」が誰なのかを明確にしました。落ち着いた色とテイストにし、企業向けのデザインを意識しました。

    告知バナーデザイン2

    2つ目は、セミナーの趣旨「ダイバーシティ&インクルージョン」を目につきやすくしました。またパントン・カラー・オブ・ザ・イヤー2021(https://www.pantone-store.jp/coy2021/)を使用することで「最新の情報」「トレンド」の印象につながるようにしました。

    バナーデザインはスペースに限りがあるので、必要な情報が埋もれないことを意識しています。

    レインボーノッツ合同会社さまの詳細はWebサイトをご覧ください。

    告知バナーデザインは、複数のSNSに使用するので毎回サイズを確認しますが、変更が結構あります。主に使用されているSNSをメインにするか、サイズを複数制作するかはお気軽にご相談ください!

  • デザイン制作実績,  バナー

    株式会社メンタルサポート研究所さま、バナーデザイン

    株式会社メンタルサポート研究所さまのyahoo広告用バナーデザイン紹介です。


    yahoo広告用バナーデザイン

    毎日の生活を笑顔で過ごすために、心理カウンセリングやカウンセラー養成講座の開催されている株式会社メンタルサポート研究所さまのオンラインカウンセリングのWEB広告用バナーデザイン。

    全く同じ内容で、ターゲットを変えた2パターンのデザインを提案。

    1つは(左)落ち着いたカラーリングと文字情報をメインにすることで、どんな特徴のカウンセリングなのかが分かるように。ビジネスパーソンをターゲットに、真面目で誠実な印象になるようにしています。

    もう1つは(右)やさしく親しみやすいカラーリングと手書き文字に笑顔の女性の写真で、女性や感情労働をする方をターゲットに、カウンセリングを受けた後、ポジティブな気持ちになる印象をもってもらえるようにしています。情報は端的にしつつも安心感がもてるようなフォントを選んでいます。

    メンタルサポート研究所さまの詳細はWebサイトをご覧ください。

    ちなみに、、、、私が心理学を学んでいるところです。内面からの変化を促すカウンセリングを行うインナーチェンジングセラピーに興味がある方はぜひ!

  • デザイン制作実績,  リーフレット

    株式会社チア・ドリームさま、リーフレットデザイン

    株式会社チア・ドリームさまの「気づきcafe」リーフレットデザイン紹介です。

    巻3つのリーフレット

    コーチングやチアリングの資格講座やセッションを主催されている株式会社チア・ドリームのグループセッション「気づきcafe®️」を紹介するA4サイズを3つに折ったリーフレットです。

    カフェでグループセッションをしているイメージを想起できるようにとの要望があったので、明るい雰囲気のカフェをイメージしてデザイン。

    今回はディレクションも兼ねていたので、どのような内容をリーフレットに落とし込むかも同時に考えさせていただきました。特徴やプログラムの概要、参加費だけではなく、実際に参加した方のお声やファシリテーターの紹介を入れることで、リーフレットを手にした方がより具体的にセッションに参加するメリット、そして人が見えることで安心感を感じられるようにしています。

    「気づきcafe®️」の詳細はWebサイトをご覧ください。